ラーニングモアのブログ

第12回 新入社員にこそPDCA


新入社員にこそPDCAが必要

PDCAは新入社員にこそ向いている。特に夢を抱いている新入社員にとって、「1日PDCA」の知識と自薦は必要不可欠であるとの思いを強くした。
従来、新入社員は業務を知らないのでPDCAを教えるのは無理だと敬遠していたが、これは間違いであったと気付いた。今回、ある企業からPDCAをテーマに新入社員研修の要望があり、実施したところ、180名近くの新入社員が素直に受け入れ「1日PDCA」についての理解も共感も得られ、十分な手応えを感じた次第である。

新入社員に1日PDCA研修を実施する効果として3つある。
1.行動が具体的になり、成果が出やすい
1日6つの行動計画が立てられない。例えば、「研修を受講する」「新聞を読む」で終わりである
これでは6つは書けない。「研修でPDCAを学ぶ」「報連相のテクニックを身につける」「新聞の株式欄から推奨銘柄を3つ見つける」などと具体的に分解しないと6つは無理である。自分の業務を具体化すると行動計画が研ぎ澄まされ成果が出やすい。

2.夢を諦めないで済む
人生の目的を尋ねたところ、実に多彩な答が返ってきた。
「日本から格差を無くしたい」
「一人でも多くの人を幸福にしたい」
「海外に居酒屋文化を発信したい」
しかし、彼らも現実の厳しさを漠然とながら気付いているようだ。
「日本から格差をなくいしたい」と思って金融業に入社した新入社員に上司は当然、金融商品を販売するように要求する。それは誰にとっても困難な仕事で、目の前にある金融商品を売ることに全力で取り組まねばならず、とても経済格差の問題など入り込む余地はないはずである。
これに矛盾を感じて悩んだリ、ときに退社したりすることがあるかも知れない。最初の就職で躓く新入社員にとっても、貴重な戦力を失う企業にとっても大きな損失であり不幸である。
このギャップを埋めるのが「1日PDCA」である。
登山と同じで富士山を目指して歩いても、。実際には一歩一歩、目の前の岩山を昇るので富士山を登っている様には思えないかも知れない。しかし、着実に進んでいるのである。
1日にやるべきことを6つ書いて、優先順位をつける。こうして1日をコントロールする技術を身に着けないと一生の目的など達成できない。

3.自分の人生の目的に気付く
多くの学生は、会社の業務が分からないのに、採用の時、「当社でやりたいことは」などと聞かれる。適当なことを答えて内定を貰おうとするが、当然それは自分の体の内部から出たモノではない。新入社員になると忘れるか、覚えていても口にすると違和感があるはずであり、それを自分の中に取り入れようとすると拒絶反応が生じる。
そうした新入社員でも1日PDCAを実践し、1日を充実させていけば、1週間を充実させたくなるはずである。さらに1月、1年間と充実させていけば、自分の会社での役割が見えてくる。そこを目的地にするか自問すれば良い、必要なら、修正すればよい。
そこで気付いた目的は、学生時代に立てた目的よりもより馴染みやすく、拒絶反応は少ない。そして、企業の目的とも整合性がとれているはずである。
そしてそれはモチベーションに繋がるはずである。

今後は心を新たに新入社員にも1日PDCAを広めたいと思っている

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.learning-more.co.jp/blog/%e7%ac%ac%ef%bc%91%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%80%80%e6%96%b0%e5%85%a5%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ab%e3%81%93%e3%81%9d%ef%bd%90%ef%bd%84%ef%bd%83%ef%bd%81/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
第12回 新入社員にこそPDCA from ラーニングモアのブログ

代表ご挨拶

株式会社ラーニングモア 代表取締役社長:山口 伸一
株式会社ラーニングモア
代表取締役社長:山口 伸一

早稲田大学理工学部工業経営科卒業
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了
(MBA)
森永乳業株式会社入社、名古屋で営業職 MBA取得、住友ビジコン入社
2013年 教育事業部長を退職、現職

詳しくはこちら

資料請求・お問い合わせはこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

業務内容

  • 組織開発:組織が活性化し従業員が働きやすい風土づくりを
  • 研修・セミナー:階層別研修、ビジネススキル研修など
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
検索