ラーニングモアのブログ

第9回 発表2015年度PDCA大賞


第9回 発表2015年度PDCA大賞

2015年もあとわずかです。
今年の心に残るイベントは、ワールドカップラグビーで
世界3位の強豪、南アフリカを破ったゲームでした。

何度見ても興奮しますが、
ロスタイムにペナルティを得て、キックで同点なのに、
ヘッドコーチのエディ・ジョーンズの指示を無視し、
キャプテンのリーチマイケルはスクラムを選びました。
このリスキーな勇気ある決断は、結果として
逆転トライに結びつき、世界が狂喜した奇跡の
勝利を実現しました。

ヘッドコーチのエディ・ジョーンズは
キックの指示を無視されて激高していました。
が、彼こそが、この舞台の立役者でした。
(試合終了後はリーチ・マイケルの決断を
照れながらも称賛していましたが)

エディは2011年、ヘッドコーチに就任し、
ワールドカップで「ベスト8」を
目標(GOAL)に掲げました。
24年間勝利から遠ざかっていた弱小チームには無謀、
「強気(つよき)」というより「狂気」の目標にしか見えませんでした。

結果的にはベスト8には進出できませんでしたが、
サモアと米国に勝利し、南アフリカ戦がまぐれでないこと
を証明しました。
エディがBEST8と同等の実力を備えたチームを作りあたことは
誰もが認めると思います。

ワールドカップBEST8という目標が明確でなければ、
選手は、毎日だらだら、練習していただけになります。
24年前にジンバブエに1勝しただけで、
屈辱的な敗退が続いた結果、選手も周囲も
「海外強豪チームには勝てない」と言うコンプレックスは
心の奥深くにどっしりと腰を据えていました。

エディが就任したとき、日本のラグビー選手は
ミーティングで居眠りをしたり、練習で手を抜いたりする選手も
結構いたそうです。、
まさにGOALが不明確で、個人のモチベーションも
低下していたのではないでしょうか。
目標がない、目標が不明確、目標がコロコロ変わる状態では、
目標を与えずに練習させても、個人は強くなっても
勝利には結びつきません。

ちなみに 人気コンサルタントの小倉広さんによると
One For All、ALL For One は
「選手はチームのために、チームは選手のために」と
誤解している方が多いようですが、最後のOneは「勝利」のことだそうです
「人と組織の悩みコラム」より
https://www.faith-h.net/press/oguclm/mc090717.html

大きな勝利を目指さないとチームはバラバラになってしまいます

大きな目標(GOAL)を立てるだけなら、
それが未遂に終わっても
非難に動じない度胸、鈍感さがあれば、誰でもできます。
目標だけがあっても、その達成のために
何をしていいかわからないと
「BIG MOUTH」で終わってしまいます。

エディは、次にプラン(PLAN)を示しました
スクラム陣に筋肉3キロの増量、
五郎丸にキックの80%以上成功率

そして、それを達成するために連日、朝5時半から練習と言う
世界で一番過酷な練習量を課しました。
この練習もだらだら続けるのではなく、毎日、課題について考えながら、
こなす質の高いものでした。

特筆すべきは
毎日のハードな練習に加え、日記を付けさせ、
練習の結果の数値を記録させました、
検討(CHECK)を個人でもさせることで名選手の
力量はさらに上がりました
その象徴が五郎丸選手、ルーティンは有名になりましたが、
それまで感覚で蹴っていたゴールキックを文字に直します。
そのキックの動作を4段階に分ける。
そして、その4段階を10点満点で評価し、それを記録につける
その結果、悪かった時の修正が可能になり、
常に制度の高いキックができるようになる
完璧なCHECKです

以上は、まさの前回述べたPDCAのトンネル作戦です
1年の目標と1日の目標をリンクさせることの効果が、
実証された素晴らしい実例です

「日本PDCA大賞」(仮)に値する一大イベントでした。
(日本PDCA大賞、あっても良いですね)

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.learning-more.co.jp/blog/%e7%ac%ac%ef%bc%99%e5%9b%9e%e3%80%80%e7%99%ba%e8%a1%a8%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%b9%b4%e5%ba%a6%ef%bd%90%ef%bd%84%ef%bd%83%ef%bd%81%e5%a4%a7%e8%b3%9e/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
第9回 発表2015年度PDCA大賞 from ラーニングモアのブログ

代表ご挨拶

株式会社ラーニングモア 代表取締役社長:山口 伸一
株式会社ラーニングモア
代表取締役社長:山口 伸一

早稲田大学理工学部工業経営科卒業
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了
(MBA)
森永乳業株式会社入社、名古屋で営業職 MBA取得、住友ビジコン入社
2013年 教育事業部長を退職、現職

詳しくはこちら

資料請求・お問い合わせはこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

業務内容

  • 組織開発:組織が活性化し従業員が働きやすい風土づくりを
  • 研修・セミナー:階層別研修、ビジネススキル研修など
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
検索