ラーニングモアのブログ

PDCA嫌いが継続できる1日1回60秒PDCA


第4回 PDCA嫌いのために1日1回60秒PDCA

さて、前回なでは、多くのビジネスパーソンはPDCAは効果があると知っていても、実践する人はきわめて少ないと言う話をしました。
今回からは、PDCAと聴いて拒否反応を示す人のための実践講座「1日1回60秒PDCA」を解説します。

1年でも一月でも長い計画を立てるのは苦手な方でも、今日1日の計画なら立てることができますし、振り返りもできるはずです。
人生を充実させるには、まず1日を充実させることから始めます。

「1日1回60秒PDCA」で用意するのは、3つだけです

筆記具(ボールペン、万年筆、サインペン どれでもOK)
メモ帳 (A4 1/4サイズの紙)
マーカー(ピンク、緑、黄、 何でもOK)
です

STEP1 メモに本日すべきことを記入する
朝、起きたら、机に向かって、手帳を開き、本日することをプライベートも含めて6個以上記入します
例えば
A商事メール
B課長 報告
C主任メール
生産計画資料作成
Dとランチ
スポーツジム

STEP2 優先順位をつける PLAN
次にその事項に優先順位を記入します。優先順位ではなく午前と午後に分けるのもOKです

STEP3 メモ用紙を破り、ポケットに入れて携帯します

メモをメモ帳から引きはがし、ポケットに入れます

メモ帳をそのまま携帯するのは、NGです

通勤電車等の移動時間、会議の休憩時間などの隙間時間に見ることが出来るからです

 

STEP4 メモをことあるごとに見て、そのれに基づいて行動する DO

電車の中、会社で、トイレで、会議の始まる前に、そのメモを見て行動します

STEP5 行動したことをマーカーで都度、消す CHECK
仕事を終えたら、マーカーで消します

STEP6 翌朝、昨日のメモを見て本日の行動を記入し、優先順位をつけ、1日メモを完成させる ACTION

以上の6STEPが1日1回60秒PDCAです

「1日1回60秒PDCA」の注意事項を補足します

1 1日メモは60秒で作れると思いますので、朝、起きたら記入して下さい
朝、記入する理由は、会社に行ってから計画を立てるのでは遅いからです。会社に着いてからゆっくりと計画を立てても良いのですが、朝、着いたら、トラブルが派生していて、て計画が立てられないこともあります。もちろん、計画を立てていてもトラブルがあれば、計画は乱されますが、トラブルが終わってからの対応が違ってきます。
私も、セミナーの責任者をしていたころ、セミナーの講師が定刻にっても会場に現れず、大騒ぎになりました。結局、10分細遅れて、来られたのですが、その時の対応に追われ、一段落したときには、大事な得意先の社長との商談をすっかり忘れていることに気付いて、後悔したことがあります。
今日は、何をすべきか分かった上でトラブルを処理すれば、その様なミスはぐっと減ると思います。
通勤電車の中での過ごし方も違ってきます。新聞やスマホを見ている時にも、少しは今日の仕事の段取りやりハーサルを考えます。それはとても大切なことです。

2 メモには具体的な行動を記入して下さい。
「営業」では全くダメです。「A社訪問」ぐらいで良いですから具体的に記入して下さい。

3 とにかく6個以上書いて下さい
6個以上書いて欲しいのですが、書くことがなかったら、まず、整理、整頓、清掃をしてください

整理とは必要でないものを捨てること
机の中の不要になった書類をシュレッダーしてください

同じものが2つあったら、処分しましょう

整頓 置き場所を決めます
良く使うものを手前にあまり使わないものを奥にしまいます

清掃 机やいすを拭きましょう

心を込めて磨くと意外と心が落ち着きます

それでも6個にならなかったら、
「会社に行く」、
「会社から帰る」、
「ランチを食べる」など何でも良いですから記入して下さい。

プライベートも記入して下さいね。
仕事だけしか書かないと興味を失ってしまいます

4 メモの行動をしたら、その仕事が完了しなくとも良いから手をつけたら、マーカーでなぞって下さい。
すけて文字が見えるのことが大事です。サインペンで塗りつぶすとメモにあるのはやってない仕事で、それを見るとやってないことしか目につきませんから、自分に自信を無くします。マーカーなら、「これとこれはやった。これはやっていない」と「自分のしたことをきちんと評価できます

5 メモにない仕事したら、メモに追加記入し、マーカーでなぞってください
また、なにか追加の行動を思いついたら、忘れずに記入して下さい

「1日1回60秒PDCA」のメリットは6つあります
メリット1 カンタンだからすぐに実行できる
道具がいらない 一人でできる 1日で終わるので、計画も振り返りもカンタン
メリット2 短期ばかりでなく、長期的目標を達成できる
メリット3 隙間時間を効率よく活用できる
メリット4 達成感が味わえ、自信がつく
メリット5 主語が、「会社が」、「上司が」ではなく、「私が」になり、主体的に取り組めるようになる
メリット6 1日のPDCAを回すことでPDCAが自分のものになる

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.learning-more.co.jp/blog/%ef%bd%90%ef%bd%84%ef%bd%83%ef%bd%81%e5%ab%8c%e3%81%84%e3%81%8c%e7%b6%99%e7%b6%9a%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%ef%bc%91%e6%97%a5%ef%bc%91%e5%9b%9e%ef%bc%96%ef%bc%90%e7%a7%92%ef%bd%90%ef%bd%84%ef%bd%83/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
PDCA嫌いが継続できる1日1回60秒PDCA from ラーニングモアのブログ

代表ご挨拶

株式会社ラーニングモア 代表取締役社長:山口 伸一
株式会社ラーニングモア
代表取締役社長:山口 伸一

早稲田大学理工学部工業経営科卒業
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了
(MBA)
森永乳業株式会社入社、名古屋で営業職 MBA取得、住友ビジコン入社
2013年 教育事業部長を退職、現職

詳しくはこちら

資料請求・お問い合わせはこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

業務内容

  • 組織開発:組織が活性化し従業員が働きやすい風土づくりを
  • 研修・セミナー:階層別研修、ビジネススキル研修など
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
検索