ラーニングモアのブログ

第11回 魔法の杖 PDCAを導入するタイミング


第11回 魔法の杖 PDCAを導入するタイミング
「学級崩壊立て直し請負人」と言われた教師がいる。

授業中に鬼ごっこ、私語、ケンカや騒ぐのは日常茶飯事、
どの教師も手を焼いて、「出ていけ」と怒鳴り、さじを投げる問題生徒を
集めた高学年のクラスを、毎年、立ち直らせるのだから、信じがたい。

それで、「菊池省三、最後の教室」吉崎エイジーニョ著 新潮社)を読んでみた

この先生のメソッドで特筆なのが「褒め言葉シャワー」
日直の児童を生徒全員で褒めるのである。
テレビで観ると褒められた児童は嬉しそうににこにこ笑っていた。

これならクラスの雰囲気も良くなるだろうと思っていたが、本を読むと
この「褒め言葉シャワー」は4月には登場しない
5月中盤になってから、投稿する

菊池先生、まず、新学期の最初にやるのは昨年までのことをご破算にし、
「この1年はクラス全員が成長すること」を目標にすることだった。
多数の生徒は表面では同意するが、高学年である。
「全員で成長するのは無理」と腹の中では疑っている。

そして、ホームルームでの挨拶など一人一人がきちっと出来るまで指導する

「お早うございます」の2番目の「は」をしっかり言おう
もじもじしない だらだらしない

こうしたことが出来ることを確認し、5月中旬になって、
「褒め言葉シャワー」が登場する。

しかし、これが難しい。

お世辞ではなく、事実や行動を褒めなければうれしくないし、
ウソやお世辞なら逆効果である。

我々も人の欠点やずるさは目につくが、
暖かい目がないと細かな良いことはなかなか気づかない。

記憶しておくことも大事である。
記憶することで1カ月前、前の学期と比較し、改善や成長した点を指摘することができる。

こうして、初めて成長サイクルが成立する。
見られている ⇒ 意識して行動する ⇒ 褒められる ⇒ やる気が出る

菊池先生は昨年3月、退職されたそうだが、やさしいだけの先生ではなく、厳しく指導もする。

テレビで紹介されたときは、「褒め言葉シャワー」がクラスを立ち直らせた
魔法の杖の様に取り上げられていた。
しかし、菊池先生は5月に「褒め言葉シャワー」を導入すると決めていたわけではないようだ。
生徒たちを観察し、機が熟したところで導入したのである

経営にも報連相、PDCA、5Sなど様々な手法があり、
短期間に効果をを出す魔法の杖のごとく期待されていることがある。
しかし、魔法の杖を使って奇跡を起こすには、
リーダーの日ごろからのメンバーの観察、そして信頼関係の構築が必要不可欠なのである。
PDCAなら、まず、1日からはじめ、それができたら1週間、1月とステップアップし、最後に
年度目標、人生目標にたどりつく
このステップ、急がずに時間をかけることが寛容できるかがポイントである
一つの手法を集団で定着させるには、社員の訓練と指導、
そして、幹部や上司の根気が必要なことぐらい、誰でも知っているが、実践することIMG_2031
は難しい

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.learning-more.co.jp/blog/121-2/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
第11回 魔法の杖 PDCAを導入するタイミング from ラーニングモアのブログ

代表ご挨拶

株式会社ラーニングモア 代表取締役社長:山口 伸一
株式会社ラーニングモア
代表取締役社長:山口 伸一

早稲田大学理工学部工業経営科卒業
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了
(MBA)
森永乳業株式会社入社、名古屋で営業職 MBA取得、住友ビジコン入社
2013年 教育事業部長を退職、現職

詳しくはこちら

資料請求・お問い合わせはこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

業務内容

  • 組織開発:組織が活性化し従業員が働きやすい風土づくりを
  • 研修・セミナー:階層別研修、ビジネススキル研修など
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
検索