社長ブログ

PDCA Archive

第11回 魔法の杖 PDCAを導入するタイミング

第11回 魔法の杖 PDCAを導入するタイミング
「学級崩壊立て直し請負人」と言われた教師がいる。

授業中に鬼ごっこ、私語、ケンカや騒ぐのは日常茶飯事、
どの教師も手を焼いて、「出ていけ」と怒鳴り、さじを投げる問題生徒を
集めた高学年のクラスを、毎年、立ち直らせるのだから、信じがたい。

それで、「菊池省三、最後の教室」吉崎エイジーニョ著 新潮社)を読んでみた

この先生のメソッドで特筆なのが「褒め言葉シャワー」
日直の児童を生徒全員で褒めるのである。
テレビで観ると褒められた児童は嬉しそうににこにこ笑っていた。

これならクラスの雰囲気も良くなるだろうと思っていたが、本を読むと
この「褒め言葉シャワー」は4月には登場しない
5月中盤になってから、投稿する

菊池先生、まず、新学期の最初にやるのは昨年までのことをご破算にし、
「この1年はクラス全員が成長すること」を目標にすることだった。
多数の生徒は表面では同意するが、高学年である。
「全員で成長するのは無理」と腹の中では疑っている。

そして、ホームルームでの挨拶など一人一人がきちっと出来るまで指導する

「お早うございます」の2番目の「は」をしっかり言おう
もじもじしない だらだらしない

こうしたことが出来ることを確認し、5月中旬になって、
「褒め言葉シャワー」が登場する。

しかし、これが難しい。

お世辞ではなく、事実や行動を褒めなければうれしくないし、
ウソやお世辞なら逆効果である。

我々も人の欠点やずるさは目につくが、
暖かい目がないと細かな良いことはなかなか気づかない。

記憶しておくことも大事である。
記憶することで1カ月前、前の学期と比較し、改善や成長した点を指摘することができる。

こうして、初めて成長サイクルが成立する。
見られている ⇒ 意識して行動する ⇒ 褒められる ⇒ やる気が出る

菊池先生は昨年3月、退職されたそうだが、やさしいだけの先生ではなく、厳しく指導もする。

テレビで紹介されたときは、「褒め言葉シャワー」がクラスを立ち直らせた
魔法の杖の様に取り上げられていた。
しかし、菊池先生は5月に「褒め言葉シャワー」を導入すると決めていたわけではないようだ。
生徒たちを観察し、機が熟したところで導入したのである

経営にも報連相、PDCA、5Sなど様々な手法があり、
短期間に効果をを出す魔法の杖のごとく期待されていることがある。
しかし、魔法の杖を使って奇跡を起こすには、
リーダーの日ごろからのメンバーの観察、そして信頼関係の構築が必要不可欠なのである。
PDCAなら、まず、1日からはじめ、それができたら1週間、1月とステップアップし、最後に
年度目標、人生目標にたどりつく
このステップ、急がずに時間をかけることが寛容できるかがポイントである
一つの手法を集団で定着させるには、社員の訓練と指導、
そして、幹部や上司の根気が必要なことぐらい、誰でも知っているが、実践することIMG_2031
は難しい

第10回 PDCAメソッドで実現する年間目標の考え方

1年目標 PDCA

2016年、最初のブログです

今年もよろしくいお願いします

新年は気分一新、目標設定には最適ですが、目標を立てる人は意外と少ないですね
「立てましたよ」という女性がいたので、訊いてみると
「初詣で、お祈りしました」と答えてくれました。
初詣で神様にお祈りするのは、目標と違います。

目標とは、下記の条件を満たないとだめですね
1 いつまでにと期限付きであること
2 一定のレベルが(数値化されていることが望ましい)が明らかな事

「今年も家族が幸福に暮らせますように」
「仕事がうまく行きますように」
は目標になりません

例えば、下記のような形にすれば、目標になります
「今年、家族の健康診断で全員に「要注意」の項目を無くすこと」
「現在進めている大型商談を4月までにまとめること」

さらに、初詣の御祈りと目標でも違うのは2つあります

それは、
3 目標を常に忘れないでチェックすることです
昨年の初詣でお祈りしたことを覚えている人は少ないと思いますが、
メモぐらいは残して欲しいです

4 目標の数をたくさん作り、リスト化する

甲子園を目指す球児は多分、遊びなどすべてを犠牲にして
一日として「甲子園に行く」目標を忘れたことがないはずです。、

しかし、ビジネスパーソンは高校生と違っていろいろな業務に追われ、
家庭でも、趣味でもやらなければいけないことがたくさんあります。
それをどう達成するか、これをすべて目標としてリスト化し、整理して
重要な業務や行動に集中するのが、
「PDCAメソッドで実現する年間目標の考え方」です。

具体的には、次の7つのルールを守って100個の目標を書き出し、
リストを作成します

1 結果ではなく、プロセスを書く
2 具体的に行動レベルで書く
3 昨年と違った行動を優先的に書く
4 出来る、出来ないに関係なく書く
5 出来なくても、途中で諦めても良い気持ちで書く
6 効果が不明な行動でも気になれば書く
7 プライベートも充実させる

補足で説明すると、例えば、ビジネスで設定する目標の3大テーマは
売り上げ拡大
経費節減
顧客満足向上
ですが、これをそのまま目標にしたのでは、
たぶん達成できないでしょう

売り上げ増大というテーマを例にすると、
その手段はざっと下記のようなことが考えられます

・新規得意先の開拓
・既存取引先の取引の増大
・単価上昇
・取扱商品増大
・新しいチャネルの開拓
・その他

その中で、新規開拓を取り上げて考えると

・未取引のA商事と口座を作る
・未取引のB物産と取引をする
・展示会に出展し。新規顧客の名刺を集める
・取引が休眠しているかっての得意先を訪問する
・業界を絞ってダイレクト0メールを破祖多うする
・インターネットにリフティング広告を出す
・FBに広告を出す
・雑誌広告を出す
・テレビ番組に取り上げてもらう
・社長、役員から紹介をもらう
・ゼミの先生から紹介をもらう
・同窓会に参加する
・商工会議所のパーティに参加する

具体的に得意先名や商品・。サービス名を記入し、
具体的なイメージを膨らませてこうした目標どんどん書いていきます

仕事ばかりが人生ではないので、
プライベートも作ります
・やりたいこと 経験
・行きたいところ 旅行 コンサート 店
・会いたい人 (懐かしい人 会ったことがない人)
・手に入れたいもの
・始めたい趣味

プライベートな目標では。少しでもやってみたいと思ったら遠慮なく書くことです

2016年は、ビジネス、プライベートで100個の目標リストを作成することから初めてみてはいかがでしょうか

第9回 発表2015年度PDCA大賞

第9回 発表2015年度PDCA大賞

2015年もあとわずかです。
今年の心に残るイベントは、ワールドカップラグビーで
世界3位の強豪、南アフリカを破ったゲームでした。

何度見ても興奮しますが、
ロスタイムにペナルティを得て、キックで同点なのに、
ヘッドコーチのエディ・ジョーンズの指示を無視し、
キャプテンのリーチマイケルはスクラムを選びました。
このリスキーな勇気ある決断は、結果として
逆転トライに結びつき、世界が狂喜した奇跡の
勝利を実現しました。

ヘッドコーチのエディ・ジョーンズは
キックの指示を無視されて激高していました。
が、彼こそが、この舞台の立役者でした。
(試合終了後はリーチ・マイケルの決断を
照れながらも称賛していましたが)

エディは2011年、ヘッドコーチに就任し、
ワールドカップで「ベスト8」を
目標(GOAL)に掲げました。
24年間勝利から遠ざかっていた弱小チームには無謀、
「強気(つよき)」というより「狂気」の目標にしか見えませんでした。

結果的にはベスト8には進出できませんでしたが、
サモアと米国に勝利し、南アフリカ戦がまぐれでないこと
を証明しました。
エディがBEST8と同等の実力を備えたチームを作りあたことは
誰もが認めると思います。

ワールドカップBEST8という目標が明確でなければ、
選手は、毎日だらだら、練習していただけになります。
24年前にジンバブエに1勝しただけで、
屈辱的な敗退が続いた結果、選手も周囲も
「海外強豪チームには勝てない」と言うコンプレックスは
心の奥深くにどっしりと腰を据えていました。

エディが就任したとき、日本のラグビー選手は
ミーティングで居眠りをしたり、練習で手を抜いたりする選手も
結構いたそうです。、
まさにGOALが不明確で、個人のモチベーションも
低下していたのではないでしょうか。
目標がない、目標が不明確、目標がコロコロ変わる状態では、
目標を与えずに練習させても、個人は強くなっても
勝利には結びつきません。

ちなみに 人気コンサルタントの小倉広さんによると
One For All、ALL For One は
「選手はチームのために、チームは選手のために」と
誤解している方が多いようですが、最後のOneは「勝利」のことだそうです
「人と組織の悩みコラム」より
https://www.faith-h.net/press/oguclm/mc090717.html

大きな勝利を目指さないとチームはバラバラになってしまいます

大きな目標(GOAL)を立てるだけなら、
それが未遂に終わっても
非難に動じない度胸、鈍感さがあれば、誰でもできます。
目標だけがあっても、その達成のために
何をしていいかわからないと
「BIG MOUTH」で終わってしまいます。

エディは、次にプラン(PLAN)を示しました
スクラム陣に筋肉3キロの増量、
五郎丸にキックの80%以上成功率

そして、それを達成するために連日、朝5時半から練習と言う
世界で一番過酷な練習量を課しました。
この練習もだらだら続けるのではなく、毎日、課題について考えながら、
こなす質の高いものでした。

特筆すべきは
毎日のハードな練習に加え、日記を付けさせ、
練習の結果の数値を記録させました、
検討(CHECK)を個人でもさせることで名選手の
力量はさらに上がりました
その象徴が五郎丸選手、ルーティンは有名になりましたが、
それまで感覚で蹴っていたゴールキックを文字に直します。
そのキックの動作を4段階に分ける。
そして、その4段階を10点満点で評価し、それを記録につける
その結果、悪かった時の修正が可能になり、
常に制度の高いキックができるようになる
完璧なCHECKです

以上は、まさの前回述べたPDCAのトンネル作戦です
1年の目標と1日の目標をリンクさせることの効果が、
実証された素晴らしい実例です

「日本PDCA大賞」(仮)に値する一大イベントでした。
(日本PDCA大賞、あっても良いですね)

第8回 1ヶ月PDCAが身についたら

日本電産の創業者、永守重信さんは日本を代表する経営者です。
現在は連結で1兆円を超える売上と1千億円を越える税引き前利益を稼ぎ出す高収益企業ですが、

創業当時は苦しかったようです。
入金が遅れれば倒産という深刻な事態もあり、その時は、自殺して借金を清算しようとまで悩んだと言いますが、流石に永守氏、ここでもPDCAを回します。
自殺するならどこが良いか、場所を実際に見て回ったそうです。
「あそこから飛び降りたら死ねるかな?」
「痛そうだな」
見回っているうちに肝が据わり、自殺する気持ちも消え失せ、心配していた入金もあり、同社はさらに発展を遂げるようになりました。 楠木健著「好き嫌いの経営」より
自殺する心理状態でも計画を立てる冷静さを持つのは、経営者の重要な資質を感じますね。
凡人なら分別を失い、悲観して自殺するのでしょうが、落ち込んでも、冷静に分析できる人は強いですね。
もしも自殺されていたら、幽霊になって、自殺の状況をチェックをしたのではとブラックなジョークが頭をよぎりました。

さて、今回は1か月PDCAの習慣がついたらどうするか?
そうです。
3ヶ月、そして半年ごとに計画を作りますが、それを一気に飛び越えて、1年、3年計画を作ることを敢えてお勧めします。
1日を充実させ、1週間、1ヶ月と続いたら、トンネル工事と同じで、両側から採掘を始め、途中で一本につながる工法の方が効率も良く、楽しくなります。
1年の計画は何も大みそかや元旦だけに立てるものではありません。最初にするのは、やりたいこと、手に入れたいものを100個、手帳に書いて、携帯することです。

ポイントは5つあります。
1)いつも100個の欲望・願望をストックとして持つこと
すらすら書けるのは30ぐらいで、多くの人はなかなか書けません。当然、ビジネスよりもプライベートが多くなります。
一つ達成したら、マーカーで塗りつぶして、またひとつ殖やすこと。
実際には一月に一回達成した欲望をチェックし、補充します

2)具体的な行動を書くこと
多く書くためにはコツが必要です
「海外旅行に行く」だと一個しか書けませんが、
アメリカに行くなど具体的な国名を記入すれば数は増えます。
ニューヨークなど都市にすればもっと増えます
ニューヨークにニュージカルを見に行く、
さらには、ニューヨークに行って、「オペラ座の怪人」を見る
具体的な行動を書くと良いでしょう

3)手帳に書いて良く眺めること
手帳でなくとも良いですが、100の願望のリストをいつも見ることが出来るものに記入し、リストをみながら、実現したことを思ってニヤニヤすることが大事です。眠る前に連想すると楽しくなります

4)期限はは書かなくとも良い
願望に「いつまでに」という日付を入れれば目標になりますが、目標にすると気分が重くなるのも確かです。期限はあえて記入せずに、暗黙の条件として「今年中に達成する」で構いません。
もちろん、日付を書いて自分を追い込みたいと言う方は書くに越したことはありません。
しかし、継続することが大事です。
嫌なことは少なくして、徐々に増やしていけば良いと思います。

5)大きな目標を立てたら、具体的な行動も記入する
例えば,営業で売上予算を達成すると決めたら、どうやって達成するかを考えます。既存の得意先で売上を増やすのか、新規で増やすのか、新規で増やすなら、どこを狙うか、そのために何をすべきかを記入します
既存の顧客で予算を達成するのが無理なら、新規の得意先として、A商事、B物産、C産業を狙う、まずは、担当者を調べる。担当者との連絡方法を調べる。HPや売り場の情報、関係者のインタビューや新聞記事などから、得意先の困っていそうな所、まだ気付いていない改良点などを仮説として検討する。

さいごに、これはどうでも良いことかも知れませんが、
6)欲望を達成したら、段階的に欲望のレベルを上げること
人生には、予想以上にボーナスがたくさん出たり、遺産が入ったり、株が高騰したり、思わぬお金が入ることがあります。その時は、段階的に欲望のレベルを上げることをお奨めします。
例えば、今、軽自動車に乗っていて、お金があるからと、いきなり、外車のスポーツカーに乗るとクルマに対する興味を失う危険があります。毎日、好きなものを満腹になるまで食べていたら、美味しい食事を食べたいという欲望が減退する可能生が高まります。
もちろん、個人差はあるでしょうが、欲望を満たしても次の新たな欲望が沸くから次のステージに進もうとするので、高校野球で優勝したからと言って、心から満足していたら、プロ野球では通用しません。プロで最高の評価だからと天狗になったら、大リーグで活躍することはありません。
欲望は行動を起こす大事なエンジンです。が、欲望を一気に満たすと次の欲望が沸かずにエンジンが掛かりにくくなります。 欲望は人を苦しめたり、。悩ませたりしますが、簡単に消滅することもあります。
こちらの方が重大な危機かもしれません。
欲望を正しく管理し、活用するためにも徐々に満たすことをお奨めします。
日本電産の永守さんも創業当初、出張の時は上野の木賃宿(相部屋の簡易宿泊所)を利用していたそうです。大切な荷物を盗まれないよう緊張して眠ったそうですが、今は帝国ホテルです、でも、売上が一兆円になって宿泊費に高額が使えるようになっても,一番、高い部屋には泊まらないようにしているそうです。それは、「よし、来年はもっと稼いでもっと言い部屋に泊まるぞ」と楽しみを撮ってあるそうです。流石にPDCAの達人は色々なことを教えてくれますね。

代表ご挨拶

株式会社ラーニングモア 代表取締役社長:山口 伸一
株式会社ラーニングモア
代表取締役社長:山口 伸一

早稲田大学理工学部工業経営科卒業
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了
(MBA)
森永乳業株式会社入社、名古屋で営業職 MBA取得、住友ビジコン入社
2013年 教育事業部長を退職、現職

詳しくはこちら

資料請求・お問い合わせはこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

業務内容

  • 組織開発:組織が活性化し従業員が働きやすい風土づくりを
  • 研修・セミナー:階層別研修、ビジネススキル研修など
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
  • パーソナルサポート:コーチングやカウンセリングを通じて個人の支援を行います
検索