ブログ

営業マンこそPDCAを!

ブログをお読みいただきありがとうございます。
PDCA研究所:セミナー研修のラーニングモアの日々つれずれ、担当の前田です。

今日のテーマは営業マンこそPDCAを!です。

新しい職場や新規担当エリアでの営業成績が伸び悩んでいる方。
4月から入社した会社で営業を始め、まだ成果が出せていないとモヤモヤしている方。

安心してください。
一部の超人を除いて、最初から売れる人なんていません。

あなたの周りには参考にしたいと思える上司や先輩、的確なアドバイスをくれるメンターはいますでしょうか。
そんな方々でも、新人の頃には売れなかったかもしれない。
最初は売れなくても、どのように売れるようになったのか?
その過程にはPDCAがあるはずで、それを体系化できたことで今に繋がっているはずです。
最初は良い意味でマネをしながら実践することができたら、そのなかから自分の個性や得意なことを伸ばしていくことで独自のPDCAが生まれます。

成果が上がらないのであれば、前日と同じ営業方法をやっている時点で、PDCAが遅すぎるということです。
常に「あたりまえ」を疑う力が大切です。
話し方、営業資料、名刺、服装、髪型、訪問エリアなど。
まずは何が変えられるでしょうか。

仕組みが変われば結果も変わってきます。

営業のお悩みございませんか?

関連記事

  1. BANT条件のヒアリング
  2. PDCAサイクルのCheckは、よりロジカルに導く
  3. 「ジョブ型」雇用について
  4. 先を読んで高い生産性を維持する
  5. トラブル発生時における、営業担当としての責任と自覚
  6. 年齢間のギャップと外部の力を用いること
  7. コロナショックにおけるPDCAサイクルの重要性
  8. O2O時代でのPDCAについて

アーカイブ

PDCA動画

現状若手の営業が育たないのは??

PDCAセミナー

PAGE TOP