ブログ

部下のマネジメント術としての「褒め方」②

ブログをお読みいただきありがとうございます。
PDCA研究所:セミナー研修のラーニングモアの日々つれずれ、担当の前田です。

今日のテーマは「部下のマネジメント術としての「褒め方」②」です。
人は、褒められることで嬉しく感じたり、やる気が出たり、その仕事に対して前向きになれたりします。

やり方の基本は、「5W1H」に置き換えることでだんだんと見えてきます。
What / Where / When / Why / Who / How の6パターンで書きます。
前半についての記事はこちら。
今回は①として、「What / Where / When 」に注目していきます。

④Why 「なぜ褒めるのか」
これはもちろん、「部下が成果をあげたから」に他なりません。
しかし、その点に対して腹落ちせずに褒めた場合は、思ったほどの効果が出ないことがあります。

「部下を褒めることでどのような効果があるのか」という、今回の記事のそもそもの内容になりますが、
【部下の仕事の効率が上がる】【褒められた人の周囲が頑張るようになる】【部下の良いところを見つけられる】
などといった、いろいろな人に対して効果があることを、今一度認識しましょう。

⑤Who 「誰が褒めるのか」
誰に褒められるのか、という点は本当に大切です。
とはいえ、自分の部下が成果を上げたのなら、直属の上司から褒めることは必須でしょう。

上司以外で褒められたい人といえば、その仕事を手伝ってくれた人や、その分野のプロフェッショナルの人などが
あげられます。

このとき一番効果があるのは、「上司から褒められることが一番嬉しい」と思ってもらえるような
関係づくりができている場合でしょう。そのためには、日々の細かいケアが必要不可欠になりますので、
相手に合わせたコミュニケーションを取っていくことを心掛けましょう。

⑥How 「どう褒めるのか」
褒める手段、褒め方についての話です。

これは最も基本かもしれませんが、「部下が頑張った点を褒めてあげる」という点は逃してはいけません。
そこに対する適切なアプローチが必要です。これはWhatに近い考え方です。

例えばこれからも頑張ってほしいことを伝えるなら、
「こういう部下が上司になれば、部全体が活気づくぞ」という風に伝えたり、
「ここで成功したのは君だからこそだ。そのやり方は後輩にも教えてあげてくれ」
など、適切な伝え方は必要不可欠です。

など、今回は5W1Hを使って褒め方のさわりの部分を簡単に書かせていただきました。
しかし、ここはぜひ極めてほしい内容ですので、また取り上げたいと思います。

営業のお悩みございませんか?

関連記事

  1. 世のため人のために仕事をすることで仕事がますます面白くなる
  2. 新人でも優秀な人材になれる!?PDCA「P」のポイントを整理
  3. BANT条件のヒアリング
  4. 顧客から選ばれ続ける会社になるには
  5. 指示受けの法則「T・E・A・R」
  6. 全員が一丸となってお客様にアイディアを提供する
  7. PDCAサイクルが続かない理由
  8. 学校教育の現場でも用いられるPDCAサイクル

アーカイブ

PDCA動画

現状若手の営業が育たないのは??

PDCAセミナー

PAGE TOP