ブログ

目標の立て方~チームで動くことの重要性~

ブログをお読みいただきありがとうございます。
PDCA研究所:セミナー研修のラーニングモアの日々つれずれ、担当の前田です。

今日のテーマは目標の立て方~チームで動くことの重要性~です。

営業チームにとって成約率とは、成績や売上に直結する最重要事項です。

会社の営業チームで全体の成約件数が下がってきたとき、PDCAサイクルを回して成約率の改善を目標にするとします。
そのとき個人で立てる目標は、きちんと会社全体としての目標⇒チーム全体としての目標から落としこめているでしょうか。

一人ひとりが「成約率を伸ばす」という曖昧な目標設定のもとでバラバラに行動していたため、チームとしての改善点を上げられず、適切なフィードバックを得られないことは案外よく聞く話です。
目標設定の時点で方向性が間違っていると、いつまで経っても成果を上げることはできません。

まずは会社あるいは支店など、大きな共通の目標からチームとして数値化した目標を設定し、具体的な行動計画を立ててチームでシェアする必要があります。
そのうえで自分ができることを自覚し、個人目標を立てることが正しい順番です。

営業のお悩みございませんか?

関連記事

  1. お金より信用、新しい開発(イノベーション)に全力を
  2. フェルミ推定とは
  3. 世のため人のために仕事をすることで仕事がますます面白くなる
  4. PDCAとロジカルシンキングについて 2
  5. 必要以上の謙遜は不要
  6. 伝える・伝わる・人が動くこと
  7. 売れない商談を続けていませんか?
  8. 先を読んで高い生産性を維持する

アーカイブ

PDCA動画

現状若手の営業が育たないのは??

PDCAセミナー

PAGE TOP