ブログ

全員が一丸となってお客様にアイディアを提供する

ブログをお読みいただきありがとうございます。
PDCA研究所:セミナー研修のラーニングモアの日々つれずれ、担当の前田です。

今日のテーマは全員が一丸となってお客様にアイディアを提供するです。

コロナ禍の不況下においていかに企業は行動し、ビジネスパーソンはあるべきなのか?
起業は不況のために余計なコストをかけず経費削減を行い内部留保を高めていく傾向にあります、そうなるとどうしても賞与や給与上昇などの従業員にとってのメリットが享受できないような状況も生まれてきます。
年収が上がらないならまだいいですが、賞与カットなどで総合的にみれば下がってしまうようなこともあるかと思います。だからこそこのような場合には、どんどん積極的にお客様にアイディアを提供し、社外から変えていけば必然的に社内も変わってまいります。

どんな仕事、どんな職場環境でも、必ず日頃いろいろなアイデアを持っているはずです。不況時こそ、そのアイデアをお客様に持っていってそのニーズを喚起することを、全社員で行うべき、なのです。
営業や製造、開発はもちろん、間接部門にいたるまで、全員が一丸となって、アイデアをお客様へ提案し、受注へと結びつけ、納入まで行っていくことが大事です。
そのようなことを通じて、お客様から喜ばれるだけでなく、自分自身も部内だけでなく全体がみられるようになります。営業の手伝いで単に走り回るというのではなく、自分たちの日頃のアイデアを商品にして売るということを考えるべきです。

そしてここまでやっていっても評価されない場合や意図しない場合にはどうすべきか、なのですが、本当に市場価値が高い人材はその気になればどんな環境でも生きていけます。また収入の問題になればその希望金額を支払ってでも来てもらいたいという会社経営者は必ず出てきます。不動産のようなもので長い目で見れば必ず適正の数字に物事は落ち着いてきますので、掘り出し物であったりおかしい数字というのは瞬間的にあったとしてもなかなかないのが当たり前の事実です。

爪はどこででも研げるのです。

営業のお悩みございませんか?

関連記事

  1. 定性目標と定量目標
  2. 様々な営業手法について
  3. PDCAがうまく回らない原因
  4. PDCAサイクルにおける【Check】の意義
  5. PDCAサイクルの「前準備」について
  6. 質問力を磨く
  7. 営業マンこそPDCAを!
  8. 新人でも優秀な人材になれる!?PDCA「A」のポイントを整理

アーカイブ

PDCA動画

現状若手の営業が育たないのは??

PDCAセミナー

PAGE TOP