ブログ

足を動かすことも大切

ブログをお読みいただきありがとうございます。
PDCA研究所:セミナー研修のラーニングモアの日々つれずれ、担当の前田です。

今日のテーマは足を動かすことも大切です。

何も考えずにがむしゃらに行動するのはだめですが、頭でっかちも良くないというお話です。

営業がうまくいかないとき、頭でたくさん考えているが行動に移せていない場合も多いものです。
成約率を高める戦略のひとつは、数をこなすこと。
当たり前と思うかもしれませんが、数をこなしていかないとPDCAを回してもあまり意味がありません。

婚活マッチングアプリを使ったことがありますでしょうか?
これも営業と同じ。
できるだけ多くのアポを取り、週に数回は人と会うことで母数を増やすようにします。
そうしないと結婚できる確率(成約率)は上がりませんよね。
この理屈はわかるはずなのに、営業となるとできていない場合が多いのです。

できるだけアポを多くとるということは、できるだけたくさん電話する、できるだけたくさん訪問してみるということです。

営業がうまくいかないと感じたとき、数をこなす=足で稼ぐということも時には大事だということを思い出してみてくださいね。

営業のお悩みございませんか?

関連記事

  1. 人間性とは普遍的なもの、平凡は非凡に通じる話
  2. 学校教育の現場でも用いられるPDCAサイクル
  3. プレゼン終了後が最も大事、本番と心得る
  4. 新人でも優秀な人材になれる!?PDCA「C」のポイントを整理
  5. 3日、3週間、3ヶ月、3年スパンで物事を考える
  6. 新人でも優秀な人材になれる!?PDCA「A」のポイントを整理
  7. 営業がうまくいかないとき
  8. 営業にかかるコスト計算を行い原価を徹底的に引き下げる

アーカイブ

PDCA動画

現状若手の営業が育たないのは??

PDCAセミナー

PAGE TOP